2018/07/15 改訂版 「『あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」

マリア・テレジアの選択 (ベルサイユのばらに寄せて)

マリア・テレジアの選択 (ベルサイユのばらに寄せて)

仕事を持つ母親にとって、一番心に突き刺さるのが、「子供と仕事と、どっちが大事なの?」という問いかけだろう。
「どっちが大事」と訊かれても、どちらとも言えないし、こればかりは比べようがない。もちろん、「子供が大事」なことは言うまでもないが、子育てと同じだけの力配分を持って、仕事にもアクセルをかけようと思ったら、体が二つ、一日二十四時間あっても足りないのである。
かといって、誰もが冷静に割り切って、仕事も子育ても両立しているわけではない。
たとえば、子供が病気をした時、母親なら、元気になるまで側について看病してやりたいと願う。かといって、一週間も二週間も仕事を休むわけにはいかないし、それこそ引き裂かれるような思いで、社会的責任を全うする母親も少なくない。瀕死のルイ・ジョゼフを病床において、三部会に出席したマリー・アントワネットなどは、まさにその極致である。

マリア・テレジアというのは、極めて特殊な社会的責任を負った母親である。
娘の破滅を予感しながらも、国益を優先し、政略結婚を推し進めるあたりは、非常に理性的な母親像を感じる。
かといって、母娘の情など完全に無視して、冷徹に事を運ぶ身勝手な母親かといえば、決してそうではなく、その後の苦悩を見る限り、彼女もまた、娘の事に心を砕く、どこにでもいる母親である。
娘の結婚にあたっては、「いつかは分かってくれるのではないか」という親らしい期待もあっただろうし、「何かあれば、助けてやれる」という自負もあっただろう。破滅を予感しながらも、ある種の期待をもって我が子を送り出すあたりは、現代の母親と何ら変わりないと感じる。
「子供の幸福」というのは、いつの時代にも、親にとって最高位の願いである。この世に産み落とした瞬間から、「可愛い」とか「楽しい」とかいう気持ちを超えて、親たる責任がずっしりと肩にのしかかる。
どんな愚かな親でも、最初から子供を不幸にするつもりで育てる親はないし、
間違ったやり方にも、子の幸せを思う気持ちはあるものだ。
しかし、あまりにも凝り固まった親の願いは、しばしば子供の人生を狂わせ、親自身をも闇に突き落とす。
「この子は、家業を継ぐより、サラリーマンとしてこつこつ生きた方が幸せなのではないか」
「この子は、一流の進学校に通うより、大好きなサッカーに打ち込んだ方が伸びるのではないか」
と分かっていても、親の主義や価値観から、その道を押しつけることは少なくない。
娘の性格を知りながらも、「皇女にとって王妃になるという以上の幸福が考えられるだろうか」と信じて、政略結婚を推し進めたマリア・テレジアも、娘の幸せを読み違えた、哀しい母親の一人である。
いや、もしかしたら、女帝の中にも、国益などこの際無視して、娘の幸せこそ第一に、という思いもあったかもしれない。
だが、彼女は、母親としてではなく、女帝として決断した。
その結果、フランスとの間に同盟が結ばれ、彼女の女帝としての功績はますます偉大なものとなったが、娘は破滅して、断頭台の露と消えた。
この哀しい運命は、女帝母娘に特異なものであろうか。
現代の母親も、多様な側面を持っている。それは仕事であったり、社会活動であったり、趣味であったり、実に様々だ。「女は育児だけしていればいい」という時代と違い、内面の充実や、女性としての輝きを求めて、外に羽ばたきたがっている。
それは時として、絶対的に相手を優先する育児とは、対極に位置することもあり、いかにして自身とのバランスを取るか、悩むところである。
自分のことばかり追いかければ、我が子の幸せを見失うし、子供に遠慮してばかりでは、自分自身を見失う。
マリア・テレジアとマリー・アントワネットの哀しい運命は、現代の母親に、多様な側面を持って生きる難しさと危うさを教えてくれるのである。

この投稿は2007年~2008年にかけて”優月まり”のペンネームで『ベルばらKidsぷらざ』に連載していた時の未提出の原稿です。
『ベルばらKidsぷらざ 東欧ベルばら漫談』の一覧はこちら

最終更新日: 2018年5月17日 初回公開日:2007.01.29

海洋小説『曙光』MORGENROOD

CTA-IMAGE
海洋科学、鉱業、建築などをモチーフにした新感覚の人間ドラマ。『生の哲学』をテーマに人生、恋愛、仕事について描く長編小説です。Kindle Unlimitedなら読み放題。