2018/07/15 改訂版 「『あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」

サイトマップ

Twitterでも更新情報をプッシュしています。たまに私的なこともつぶやいています。

新着記事と加筆修正した記事


メインコンテンツ

映画
文学&神話と宗教
詩と引用
海洋小説
寺山修司
POPS・JAZZ・歌謡曲
クラシック音楽・オペラ・バレエ
アニメ・マンガ
ライティング

映画

文学&神話と宗教

詩と引用

海洋小説

  • 投稿が見つかりません。

寺山修司

  • 投稿が見つかりません。

音楽

クラシック音楽&オペラ・バレエ

アニメ・マンガ

ライティング

よく読まれる記事

  1. 批評における傾向と対策について・一億総評論家時代の幸福術『バレエワンダーランド(1994年)』より

    愛なき評論はアーティストを殺す。誰もが気軽に作品の意見や感想を述べられる時代だからこそ、いっそう深く静かに作品と向かい合う姿勢が大切というコラムです。プロの舞台批評に大事なポイントが述べられています。

  2. 映画『マトリックス』が本当に伝えたいこと ~君は心の囚人 / What’s is MATRIX 英語で読み解く

    仮想現実を舞台にしたサイバーアクションで知られるが、本質は心と世界の関わりをテーマにした哲学的な作品である。私たちが「自分」や「世界」と捉えているものは、自身の思い込みが作り出したイメージに過ぎず、心を解き放てば空を飛ぶことだってできる。You are the prisoner of you mind (君は君の心の囚人)なのだ

  3. 本当の『鬼畜』は誰? 松本清張の描く「子捨て」と「子殺し」

    愛人と生活費で揉めた宗吉は三人の子どもを押しつけられ、妻・お梅の怒りを買う。途方にくれた宗吉は子どもを捨てることを思い付く。緒形拳、岩下志麻、小川真由美の鬼気迫る演技が胸を打つ野村芳太郎監督の名作。我が子に手をかけた宗吉とお梅も人面獣心の鬼畜かもしれないが、幼い三人の子どもを置き去りにした愛人・菊代はどうなのか。松本清張の小説の抜粋も掲載。

  4. 『愛』が欲しい ~飯島愛の「プラトニック・セックス」より

    父の躾は厳しかった。例えば、食事中はお茶わん、箸の持ち方に始まり、テーブルにひじをつくと、容赦なく手が飛んできた。もちろん、食事中にテレビを見せてもらったことなんかない。「今日の夕食は何かな」なんて、楽しい想像をしたことすらない。

  5. 映画『ナインハーフ』恋と性の9週間半(サントラ試聴可)ミッキー・ローク &キム・ベイジンガー

    恋人たちの9週間半を描いた『ナインハーフ』は80年代を代表する恋愛映画。公開当時は目隠し+氷責めや自慰などエロティックな演出が話題となったが、心と体は成熟しても、愛し方を知らない大人の男女の葛藤を描いたドラマで、デュラン・デュランやユーリズミクス、ジョー・コッカーらによるサウンドトラックも素晴らしい。

  6. アメリカ人に「ホイットニー・ヒューストン」と言うと爆笑される理由

    代表作『I will Always Love You』『I have nothing』『I'm Every Woman』などを中心に、全世界が感動を共有した80年代カルチャーの特色や、ホイットニーの魅力を動画とSpotifyで紹介。『40代になるのが怖いアナタへ』という女性のライフスタイルのコラムも掲載。

  7. 映画『エイリアン』の生殖とエロティシズム

    SFスリラーの傑作『エイリアン』には性と生殖のメッセージも込められている。H・R・ギーガーのデザインを中心に、男性生殖器として蠢くエイリアンの不気味さ、胎内への侵入を試みる本能などを映画コラムとして紹介。女性航海士リプリーの真の恐怖とは何なのか、性的なモチーフから読み解く新感覚のレビューです。

  8. イングリッシュマン・イン・ニューヨーク スティングの一押し!

    Be yourself no matter what they say 誰が何を言おうと自分らしくあることだ。ニューヨークに暮らす英国人の心意気、異邦人の孤独や生き様がひしひしと伝わってくるスティングの傑作。ブランフォード・マルサリスのサックスが都会の淋しさを醸しだし、Jazzyな曲調に仕上がっている。

  9. 最低のクズ映画と酷評されても『ショーガール』が好きな理由

    オッパイぶるぶるのトップレスダンスに、少女漫画みたいな筋書きから、ラジー賞に選ばれた伝説のクズ映画。しかし主人公のノエミはバイタリティにあふれ、ベガスの女王を演じるジーナ・ガーションもセクシーで魅力的。世間が酷評するほど悪い作品ではないというのが当記事の主張。パワフルなダンスの動画をメインに、華麗なるショーガールの世界を紹介。

  10. Calling you 生きる希望と優しさと 映画『バクダッド・カフェ』より

    今も世界中で愛される名曲『コーリング・ユー』と、この曲を一躍有名にした映画『バグダッド・カフェ』を動画とSpotifyで紹介。互いに伴侶を失い、1度は生きる希望もなくした二人の女性が寂れた町のカフェで交流を深め、再び幸せを見出す物語。マジックショーの場面で歌われる『ブレンダ・ブレンダ』の歌詞に象徴されるように、「浮き世の悩みも 魔法で消える」がこの作品のメッセージ。

  11. 映倫のボカシがぼかした作品の本質 サイコスリラーの傑作『羊たちの沈黙』

    バッファロービルは性倒錯ではない。自分自身を嫌って『変身』を望んでいる。推理の鍵となる女装ダンスの場面(被害者の生皮を被って鏡の前で全裸で踊る)に挿入された映倫のボカシのせいで、作品の本質までぼやけてしまった日本の劇場公開版に対する異議を動画と画像で説く。