2018/07/15 改訂版 「『あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」

ホラー&サスペンス

映倫のボカシがぼかした作品の本質 サイコスリラーの傑作『羊たちの沈黙』

バッファロービルは性倒錯ではない。自分自身を嫌って『変身』を望んでいる。推理の鍵となる女装ダンスの場面(被害者の生皮を被って鏡の前で全裸で踊る)に挿入された映倫のボカシのせいで、作品の本質までぼやけてしまった日本の劇場公開版に対する異議を動画と画像で説く。

お説教ホラー映画『ソウ』~ジグソウが失敗したワケ

2004年に公開されるや否や、ホラー映画としては異例の興行収入を記録し、ついに2010年のシリーズ7作をもって完結したお説教ホラー映画『SAW(ソウ)』。 意表をつく展開で、ホラー&サスペンス好きは必見と言われたこの映画。 私も最終話の『3Dソウ・ザ・ファイナル』を見て興味を深め、第1作から第6作までシリーズ全作をマラソン鑑賞したのだが、様々なエピソードの詰め込みと残虐シーンの連続にお腹いっぱい、まるでブリングルスのチップス缶を一気食いしたような胸ヤケ状態で、ジグソウを演じたトビン・ベルのナツメウナギのような顔だけが深く心に刻まれた(それでも一気に見てしまうほどスピーディで面白かったけどネ☆)

愛すべきキャラクター「リスベット」二大女優の個性が光る 『ドラゴン・タトゥーの女』

この作品を読む前に知っておきたいのが、スウェーデンにおける異常な性犯罪の高さだ。『女性の3人に1人が性犯罪の被害者』と言われるように、現状は想像をはるかに超えると思われる。 この作品が書かれたのも、『助けることができなかった少女、リスベット』への痛恨の思いがあり、ミカエル・ブルムクヴィストという「ち […]

角川映画 エンターテイメントの極致 沢田研二&千葉真一『魔界転生』

この映画を見に行ったのは1981年、中学生の時。 当時、TVで繰り返し流されていた沢田研二と真田広之のキスシーンに魅了されたからです。 『沢田研二』と言えば、私のお姉さん世代が夢中になった「ザ・タイガース」というバンドのヴォーカリストで、解散後はソロとして活躍、「勝手にしやがれ」や「TOKIO」とい […]

スタンリー・キューブリックの『シャイニング』~父(夫)の暴力としての恐怖~

「シャイニング」とは、そうした人間の潜在的な恐怖──「もし、お父さん(夫)がこんな風にキレたら・・」「もし、自分が、妻子に対してこんな風にキレてしまったら・・」という、忌まわしい悪夢をあぶり出す作品であり、いつしか観客は亡霊の存在を忘れ、人間の秘める暴力性に恐れを感じるようになる。

サイキック少女と毒親の破滅を描く 映画『キャリー』(原作スティーブン・キング)

TVの洋画劇場で初めて映画「キャリー」を観たのは中学生の時。 「超能力少女のホラー映画」というので、『エクソシスト』みたいな、おどろおどろしい内容を期待していたら、物語自体は「ハイスクール・ミュージカル」のエコエコアザラク版という感じ。キャリーの学園生活がメインになっている。女生徒のいじめがあまりに […]

神を嗤うなかれ ショーン・コネリーの傑作『薔薇の名前』

ゴシックホラーの異色作。高邁な修道僧ショーン・コネリーと若きクリスチャン・スレーターが厳格な修道院で起きる連続殺人事件に挑む。殺害の理由には中世キリスト教における『笑い』が秘められていた。なぜ僧は笑いを禁じられたのか、笑いと神にどんな関係があるのか、映画のスクリーンショットを交えて解説するレビュー。