2018/07/15 改訂版 「『あなたの悩み、分かるわ』詐欺に気を付けろ」「周りの人をカウンセラーにしない」「人生なんて相談しても仕方がないことが多い」

ネットのチラ見と本屋の立ち見、どこが違うの 『無料公開』の効果

ネットのチラ見と本屋の立ち見、どこが違うの 『無料公開』の効果

作品の無料公開といえば、絵本の全公開が話題になりましたが、それ以前からネットで作品の冒頭を無料公開し、購買に繋げる動きはありましたし、ソフトウェアは20世紀末からやってました。『30日間、無料でお試し』みたいなシェアウェア・サービスです。秀丸エディタとか。

皆がネットで検索する時代、一番大事なのは、

ワンクリックで中身が確認できる

この一言に尽きると思います。

「手間をかけて作ったのに、無料で見せるなんてとんでもない」「作品の価値が下がる」といった考えは捨てましょう。

そもそも、『ネットのチラ見』と『本屋の立ち見』とどこが違うのでしょう。

いくら話題作でも、中身を確認せずに買う人は稀ですよね。ネームバリューで買うファンは別として、多くの人は、実際に店頭で手に取って、ぱらぱらっと中身を見てから決めるはずです。

ネットもそれと同じで、中身が全く分からないものを購入する人はまず無いし、中身を確認するのに、あちこちクリックして、何度も検索しなければ分からない状態では、購入の機会も遠のきます。

たとえば、『ブレードランナーの全てが分かる! 最強ムック』という本の存在を知ったとしましょう。評価も五つ星で、何人かが絶賛しています。でも、中身は全く分からない。筆者も聞いたことがない。ページ数と出版社名ぐらいしか分からない状態で、ワンクリック購入したいと思うでしょうか。あるいは、ネットのあちこちに紹介記事があるけども、どの紹介文も似たり寄ったり(企業のPR文のみ)、読書レビューのサイトにも概要しかなく、レビュワーも「ここが面白い」と言うだけで、どこがどう面白いのか、内部の構成や本文はどうなのか、まったく分からない状態では購買するのも躊躇しますよね。また、必要な情報を求めて、1時間も2時間もネットサーフィンなどナンセンスです。

楽天ショップや企業サイトでは、お客さんに商品を知ってもらう為に、いろんな工夫をこらしています。3D画像を用意したり、360度ビューが可能なエフェクトを用いたり、プロモーションビデオを製作したり。衣類や車、PC周辺機器など、実際に手に取ってみなければ分からないモノでも、商品の魅了を伝える、あらゆる努力をしていると思います。

それがこと、小説や絵、音楽などになると、たちまち「見せない」という考えになるのは、どういうことでしょうか。

損得の話ではなく、お客さんに商品説明するのは、売り手の義務であり、サービスです

中身の全く分からないものを「良作だから買え」と迫っても、誰も買わないし、ネットでも本やでも図書館でも、チラ見して、「自分に合わない」と思ったら買わない。それだけの事だと思います。世の中には、『1万円を払っても手元に置きたい』と切望する作品と、『レンタルでええわ』という程度の作品があるだけで、それを決めるのは読者に他ならないんですね。

ちなみに私は山崎豊子も寺山修司も池田理代子もいろいろ取りそろえていますが、全タイトルは持ってないし、買ってまで読みたいと思わない作品もあります。だからといって、彼らの作家としての価値が下がるわけではなく、店頭や図書館で中身を確認して、自分が感じた結果なのです。

早い話、「無料公開=チラ見したから買わない」のではなく、「買うほどの作品ではない」、それだけの話なんですね。相手が一流であろうと、何だろうと、です。

皆がネット検索で世の中を知る時代、『何が何でも中身は見せない』というのは時代に逆行しているし、ネットでチラ見して買わないものは、店頭でも買いません

逆に、『ブラックジャックをよろしく』みたいに全話を無料公開しても、「PDFか。デバイスでスムーズに読めないし、中身も面白いから、やっぱKindleで買うか」と購買に繋がるケースもあります。(買って応援の気持ちもある)

買う人にとっては、ネットのチラ見も本屋の立ち見も大して違わないし、検索でタイトルを知った人に対しては『ワンクリックで中身を確認できる』、それがサービスだと思います。この導線を徹底することでネットでの優位度も大きく異なると思いますので、ぜひ自サイトおよび販売サイトの商品ページに取り入れて下さい。

実際にどういう商品紹介が売り上げに繋がるか、参考にしたい方はこちら。
魅力的な作品紹介ページを作ろう 読者を振り向かせDL&購買につなげる為に

PDFとGoogle Driveを活用する

現時点では、原稿のPDF化+Google Driveが一番使い勝手がいいと思います。

原稿のPDF化にあたっては、エディタやワープロが標準装備していることもありますし、無料のPDF作成ツール『Cube PDF』のように仮想プリンタとして使えるサービスもたくさんあります。

Google Driveにアップロードしたら、共有リンクを取得して、表示したい場所に埋め込むだけ。

Google Driveの画面で『共有』を選択。
共有したアイテムはGoogle botにクロールされ、検索結果に出るようになります。

Google Drive PDF 無料公開

リンクをコピーします。

Google Drive PDF 無料公開

必要に応じて、アクセスレベルを設定します。

Google Drive PDF 無料公開

印刷、ダウンロードを不可にする場合は、画面の右下方『詳細設定』をクリックし、次の項目にチェックを入れます。
禁止と無効にチェックを入れたファイルは検索エンジンにもクロールされず、「URLを知っている人だけが閲覧のみ可能」な状態になります。

Google Drive PDF 無料公開

当サイトも無料公開しています。/morgen/index.html
商品紹介およびGoogle DriveのURLはAmazonの商品ページにも記載しており、コピペで一発表示できるようにしています。
Google Drive PDF 無料公開

フッターと透かしも忘れずに
無料サンプルと分かるよう、各ページにフッターや透かしを入れ、著者名や作品名が一目で分かるように工夫しましょう。
また文書の最後に発行元や商品ページのURL、連絡先などを明記しておくと購入に繋がりやすいです。

PDFの減量も忘れずに

PDFは容量も大きくなりがちです。スマホ閲覧の場合、ダウンロードの負担になりますので、下記のようなサービスを利用して少しでも容量を減らしましょう。

一時間に2ファイルまで無料で変換可能。性能は非常に良いです。
大量にファイルを処理したい場合は、一ヶ月だけ有料課金してもOK(私も経験あり。すぐに契約解除できて安心です)。
Small PDF

Tags: ,

最終更新日: 2018年2月12日  初回公開日:2017.12.13

海洋小説『曙光』MORGENROOD

CTA-IMAGE
海洋科学、鉱業、建築などをモチーフにした新感覚の人間ドラマ。『生の哲学』をテーマに人生、恋愛、仕事について描く長編小説です。Kindle Unlimitedなら読み放題。